『こちらあみ子』公式ホームページ

『こちらあみ子』公式ホームページ『こちらあみ子』公式ホームページ『こちらあみ子』公式ホームページ
「応答せよ、応答せよ」あの頃の私が呼んでいる。「応答せよ、応答せよ」あの頃の私が呼んでいる。
2022年7月8日(金)新宿武蔵野館他全国順次公開

『こちらあみ子』公式ホームページ

解説&あらすじ
INTRO&STORY

たのしいこともさびしいことも
あみ子が教えてくれるのは、
私たちが“かつて見ていたはずの世界”

主人公は、広島に暮らす小学5年生のあみ子。少し風変わりな彼女のあまりに純粋な行動が、家族や同級生など周囲の人たちを否応なく変えていく過程を鮮やかに描き出す『こちらあみ子』。
原作は「むらさきのスカートの女」で第161回芥川賞を受賞した今村夏子が、2010年に発表した処女作「あたらしい娘」(のちに「こちらあみ子」に改題)。本作で太宰治賞、三島由紀夫賞をW受賞して以降、新作を発表するたびに現代文学ファンの間で大きな話題を呼んでいる。

主人公のあみ子を演じるのは、応募総数330名のオーディションの中から見いだされた新星・大沢一菜(おおさわ・かな)。演技未経験ながら圧倒的な存在感で“あみ子の見ている世界”を体現し、現場の自由な空気の中でキャラクターをつかんでいった。両親役には、日本を代表する俳優である井浦 新と尾野真千子。監督は、大森立嗣監督をはじめ、日本映画界を牽引する監督たちの現場で助監督を務めてきた森井勇佑。原作と出会って以来、映画化を熱望してきた監督が、原作にはないオリジナルシーンやポップでグラフィカルな映像描写で新たな風を吹き込み、念願の監督デビューを果たす。そして、繊細な歌声とやわらかなクラシックギターの音色で聴く者を魅了し続け、国内だけでなく海外からも人気を集める音楽家、青葉市子が音楽を手がける。

芥川賞受賞作家・今村夏子の
デビュー作を映画化
感情と感性を刺激する映像と共に描く
無垢で、時に残酷な少女のまなざし

あみ子はちょっと風変わりな女の子。優しいお父さん、いっしょに登下校してくれるお兄ちゃん、書道教室の先生でお腹には赤ちゃんがいるお母さん、憧れの同級生のり君、たくさんの人に見守られながら元気いっぱいに過ごしていた。だが、彼女のあまりに純粋無垢な行動は、周囲の人たちを否応なく変えていくことになる。誕生日にもらった電池切れのトランシーバーに話しかけるあみ子。「応答せよ、応答せよ。こちらあみ子」―――。奇妙で滑稽で、でもどこか愛おしい人間たちのありようが生き生きと描かれていく。

ひとり残された家の廊下で。みんな帰ってしまった教室で。オバケと行進した帰り道で。いつも会話は一方通行で得体の知れないさびしさを抱えながらも、まっすぐに生きるあみ子の姿は、常識や固定概念に縛られ、生きづらさを感じている現代の私たちにとって、かつて自分が見ていたはずの世界を呼び覚ます。観た人それぞれがあみ子に共鳴し、いつの間にかあみ子と同化している感覚を味わえる映画がここに誕生した。

スタッフ
STAFF

  • 監督・脚本:
    森井勇佑(もりい ゆうすけ)

    1985年兵庫県生まれ。日本映画学校 映像学科(現 日本映画大学)を卒業後、映画学校の講師だった長崎俊一監督の『西の魔女が死んだ』(08)で、演出部として映画業界に入る。以降、主に大森立嗣監督をはじめ、日本映画界を牽引する監督たちの現場で助監督を務め、本作で監督デビュー。
  • 原作:
    今村夏⼦(いまむら なつこ)

    1980年生まれ。広島県出身。2010年「あたらしい娘」(「こちらあみ子」に改題)で第26回太宰治賞を受賞し、デビュー。本作を含む同題作品集で第24回三島由紀夫賞を受賞した。16年には、文学ムック「たべるのがおそいvol.1」に発表した「あひる」が第155回芥川賞候補となる。17年、単行本「あひる」で第5回河合隼雄物語賞を受賞。「星の子」は第39回野間文芸新人賞を受賞したほか、第157回芥川賞候補、18年本屋大賞第7位。19年、「むらさきのスカートの女」で第161回芥川賞を受賞した。
  • 音楽:
    青葉市子(あおば いちこ)

    音楽家。1990年1月28日生まれ。
    2010年にファーストアルバム『剃刀乙女』を発表以降、これまでに7枚のオリジナルアルバムをリリース。うたとクラシックギターをたずさえ、国内外で活動中。近年はラジオDJやナレーション、CM・舞台音楽の制作、芸術祭でのインスタレーション作品発表など、さまざまなフィールドで創作を行う。自主レーベル「hermine」(エルミン)より、体温の宿った幻想世界を描き続けている。最新作は、”架空の映画のためのサウンドトラック”『アダンの風』。
    http://www.ichikoaoba.com
    https://hermine.jp/

出演者
CAST

  • 大沢一菜大沢一菜

    大沢一菜(おおさわ かな)
    あみ子役

    2011年6月16日生まれ、東京都出身。
    本作で映画デビュー。

    演技未経験ながら、オーディションで主役「あみ子」役に抜擢された。

  • 井浦新井浦新

    井浦 新(いうら あらた)
    お父さん・哲郎役

    1974年9月15日生まれ、東京都出身。
    ‘99年、『ワンダフルライフ』(是枝裕和監督)で俳優デビュー後、映画、テレビドラマなどで幅広く活動。『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』(12/若松孝二監督)で第22回日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞、『かぞくのくに』(12/ヤン・ヨンヒ監督)で第55回ブルーリボン賞助演男優賞を受賞。近年では、『朝が来る』(20/河瀨直美監督)、『かそけきサンカヨウ』(21/今泉力哉監督)、『恋する寄生虫』(21/柿本ケンサク監督)、『ニワトリ☆フェニックス』(22/かなた狼監督)などに出演。アパレルブランド「ELNEST CREATIVE ACTIVITY」のディレクターを務めるほか、日本の伝統文化を繋げ拡げていく活動をおこなっている。

  • 尾野真千子尾野真千子

    尾野真千子(おの まちこ)
    お母さん・さゆり役

    1981年11月4日生まれ、奈良県出身。
    ‘97年に河瀨直美監督の『萌の朱雀』で映画主演デビュー。2007年、同監督で主演を務めた『殯の森』が第60回カンヌ国際映画祭コンペティション部門でグランプリを獲得。2009年、ヒロインを演じた広島発地域ドラマ「火の魚」(NHK広島)、2011年、平成23年度NHK連続テレビ小説「カーネーション」(NHK大阪)などに出演。主な映画出演作に『そして父になる』(13/是枝裕和監督)、『きみはいい子』(15/呉美保監督)、『影踏み』(19/篠原哲雄監督)、『台風家族』(19/市井昌秀監督)、『心の傷を癒すということ 劇場版』(21/市井昌秀監督)、『ヤクザと家族』(21/藤井道人監督)、『明日の食卓』(21/瀬々敬久監督)、『茜色に焼かれる』(21/石井裕也監督)などがある。2022年は、『ハケンアニメ!』(吉野耕平監督)、『20歳のソウル』(秋山純監督)、『サバカン SABAKAN』(金沢知樹監督)が控えている。

コメント
COMMENT

  • 今村夏子さんの原作小説をはじめて読んだときから、あみ子という存在が、僕の中に住み着いて離れなくなりました。それはたぶんあみ子に、僕の根っこの部分が共鳴したからなのだと思います。世界の輪郭はもっと、ぐにゃっとしていて、きらきらしていて、不気味で、粒だって生きいきしているのだということ。社会とは別に、そんな世界のありようがあるのだということ。この感覚を映画にしたいと思いました。

    オーディション会場の待合室で、大沢一菜が椅子にただ座っている姿を見たとき、この子があみ子だとすぐに思いました。一菜の目はどこか遠くを見ていて、まるで僕には見えていないなにかを見ているかのようでした。

    一菜はとても自由で、なににも縛られない、台風のような子です。彼女が撮影現場に現れると、ものすごい勢いで現場が沸き立ち動き出すのでした。僕たちは必死にそれを撮影しました。一菜やみんなと過ごした時間は、僕にとってかけがえのないものです。

    あみ子はいまなにを思っていて、どんな景色が見えていて、どんな音が聞こえているのか。あみ子を取り巻く世界はどんなものなのか。みんなで目一杯想像しながら、たくさん遊んで作った宝物のような映画です。そんな時間も、公開とともにもうすぐ終わっていってしまうのかなと思うと、とても寂しいものがあります。でもそれと同時に、これからこの映画を観てくれる人たちとあみ子が、いったいどんな新しい出会いをするのか、とても楽しみでもあります。どうか良い出会いとなりますように。

    森井勇佑
  • どんなときも、どんなことでも。
    そっと見守って、そっと聞かせて。
    あみ子さんのまっすぐな心に寄り添えたらと、音を選びました。
    劇場で公開されるのを楽しみに待っています。

    青葉市子
  • 「こちらあみ子」を書き始めたのは、
    2008年の秋頃だったように思います。

    思いっきり書くぞと決意して、その通りに書きました。

    もう少し抑え気味にしたら良かった、
    と若干後悔したほどです。

    映画『こちらあみ子』の脚本の中には、原作にはない、
    ひとりぼっちのあみ子を優しく包み込むようなシーンが
    描かれています。

    執筆から10年以上が経った今、
    そのことをとても嬉しく思いました。

    脚本を飛び出して、元気に笑ったり泣いたりする
    あみ子の姿を見てみたいです。

    映画の完成を楽しみにしています。

    今村夏子

応援コメント

※クラウドファンディングスタート時の
コメントとなります

  • 大森立嗣監督

    森井は僕の映画の助監督をやっていて、映画を支えてくれていました。
    映画が本当に好きで、彼は映画に救われているように僕には見えました。
    映画監督になったら、今度は映画を、救ってください。
    自分のことはさておいて、映画に携わる人や、観客に向けて、愛を注いでください。
    だけど、その前に皆様からの応援が必要なようです。
    次は彼が映画を通して皆様に愛を降り注ぎます。
  • 野尻克己監督

    森井勇佑は映画を愛するとても純粋な私の後輩だ。
    純粋な後輩が天才作家、今村夏子のデビュー作で監督デビューする。
    純粋と天才の掛け算。
    デビュー作とデビュー作の掛け算。
    誰からも歓迎される映画がこの世に出るに違いない。
    余談だが、私の人生を賭けたデビュー作の助監督を森井に三度頼んだが三度断られた。
    この間、断った理由を聞くとヘラヘラ笑って「覚えていません」と言われた。
    そういう憎めない人間だ。そういう憎めない人間の人生を賭けた監督デビュー作。
    誰からも愛される映画がこの世に出るに違いない。
  • 今泉力哉監督

    小説「こちらあみ子」が映画になると聞いた。見たいです。監督は同じ原作者である今村夏子さんの映画「星の子」で助監督を務めていた森井勇佑さん。撮影を、私が何度もご一緒した岩永洋さんが担当すると聞いた。おふたりは日本映画学校時代からの知り合いらしい。広島での主演オーディションの情報を聞き、わくわくした。すでに本気でいい映画にしようという気持ちが見える。クラウドファンディングの成功を影ながら祈っております。多くの人が支援してくださいますように。

特報
TRAILER

  • 映画『こちらあみ子』特報
  • 超特報/
    「お兄ちゃんとセッション。」編
  • 超特報/
    「あみ子、だんご虫をさわる。」編
  • 超特報/
    「あみ子、川であそぶ。」編

劇場情報
TEATERS

2022年5月27日現在
※上映劇場・日程が変更となる場合がありますので、
鑑賞の前に必ず各劇場にご確認ください。
地域 劇場 電話番号 ムビチケ
カード
公開日
北海道 サツゲキ 011-221-3802 7月8日(金)
北海道 ディノスシネマズ旭川 0166-21-1233 7月8日(金)
青森 フォーラム八戸 0166-21-1233 順次公開予定
岩手 盛岡ルミエール 019-625-7117 順次公開予定
山形 フォーラム山形 023-632-3220 順次公開予定
宮城 フォーラム仙台 022-728-7866 7月8日(金)
福島 フォーラム福島 024-533-1717 順次公開予定
東京 新宿武蔵野館 03-3354-5670 7月8日(金)
東京 ユーロスペース 03-3461-0211 7月8日(金)
東京 kinocinema立川髙島屋S.C館 042-512-5162 7月8日(金)
神奈川 kinocinema横浜みなとみらい 045-264-4572 7月8日(金)
神奈川 イオンシネマ座間 0297-47-1788 7月8日(金)
千葉 ユナイテッド・シネマ幕張 043-213-3205 7月22日(金)
茨城 イオンシネマ守谷 0297-47-0101 7月8日(金)
栃木 宇都宮ヒカリ座 028-633-4445 順次公開予定
栃木 小山シネマロブレ 050-3196-9000 順次公開予定
群馬 シネマテークたかさき 027-325-1744 順次公開予定
長野 長野ロキシー 026-232-3016 順次公開予定
静岡 静岡東宝会館 054-252-3887 7月8日(金)
静岡 シネマサンシャイン沼津 055-926-7712 7月8日(金)
静岡 シネマイーラ 053-489-5539 順次公開予定
愛知 イオンシネマ豊田KiTARA 0565-35-1751 7月8日(金)
愛知 伏見ミリオン座 052-264-8580 7月8日(金)
愛知 ユナイテッド・シネマ豊橋18 0570-783-668 7月8日(金)
富山 ほとり座 076-422-0821 順次公開予定
大阪 テアトル梅田 06-6359-1080 7月15日(金)
京都 アップリンク京都 075-600-7890 7月15日(金)
兵庫 元町映画館 078-366-2636 7月16日(土)
奈良 ユナイテッド・シネマ橿原 0744-26-2501 7月15日(金)
和歌山 イオンシネマ和歌山 073-452-6060 7月15日(金)
岡山 シネマ・クレール 086-231-0019 7月15日(金)
広島 八丁座 082-546-1158 7月8日(金)
広島 広島バルト11 082-561-0600 7月29日(金)
広島 呉ポポロシアター 0823-21-5903 7月8日(金)
広島 T・ジョイ東広島 082-493-6781 7月29日(金)
広島 エーガル8シネマズ 084-960-0084 7月8日(金)
広島 福山駅前シネマモード 084-932-3381 7月8日(金)
広島 シネマ尾道 0848-24-8222 7月30日(土)
愛媛 シネマサンシャイン重信 089-990-1513 7月29日(金)
徳島 シネマサンシャイン北島 088-697-3111 7月29日(金)
福岡 kinocinema天神 092-406-7805 7月8日(金)
大分 シネマ5 097-536-4512 順次公開予定
大分 日田シネマテーク・リベルテ 0973-24-7534 順次公開予定
佐賀 シアター・シエマ 0952-27-5116 順次公開予定
熊本 Denkikan 096-352-2121 順次公開予定
宮崎 宮崎キネマ館 0985-28-1162 順次公開予定
Pagetop